なわとびと更年期障害

 前にもお話しましたが、一応毎日縄跳びを100回飛んでいます。1分もかからないお手軽な運動です。
 ところが今年の2月から少し家具が増えて、いつも縄跳びをしていた場所できなくなりました。縄跳びは室内でしてたんですね。狭い我が家でも2m×1m×高さ2mほどのスペースがあればできるので、なんとかスペースを確保してたんですが、そのスペースにワゴンが増えてしまいました。ワゴンは移動させればいいんですが正直めんどくさい。左横の家具も変更したのでいつものスペースにでっぱりも増えて、ワゴンを移動してもやりにくくなってしまいました。
 それでしばらく縄跳びをしない日が続いたのですが、これは良くないとスクワット20回に変更しました。スクワットならそれこそどこでもできますので。そのおかげか少し足腰は鍛えられ、片足立ちがやりやすくなって、よかったーと思っていたのですが。
 朝起きたあとに体がほてるんですね。いわゆる更年期障害だと思います。数分で収まりますが、ただ起きて布団の上に座っているだけなのに少し汗をかきます。前はこんなことなかったのに。これはいかんと、室内の違う場所を見つけて、なんとか縄跳びを再開しました。すると朝起きて汗をかくことがなくなりつつあります。縄跳びが原因かどうかわからないし、体の疲れ具合とかにもよるかと思います。ただ縄跳びはスクワットと違って手と足を両方動かしてタイミングをとるわけで、スクワットより脳を使うなとは思いました。そのせいかな。
 ジャンプは膝を痛める可能性もあるので、あまり良くないという説もきくので、高く飛ばないようにはしつつ、やはり私には縄跳びがあっているかと、これからも続けていきたいと思っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次